ホーム

ホーム メール リンク サイトマップ プライバシーポリシー
ホーム

組合概要 はじめに Q&A集 資格手続 保険給付 保健事業

  ホーム|Q&A集|保険料関連
資格関連
給付関連
保険料関連
喪失した月の保険料はどうなりますか?
喪失した月の保険料はかかりません。喪失した日(雇用されていた場合は退職日の翌日)が1日、月途中日、月末日でも、その月の保険料は次の納期にて返還します。


月途中で加入した場合、保険料はどうなりますか?
加入した日が1日、月途中日、月末日でも、その月から保険料がかかります。日割はありません。


資格喪失手続きをしたのに保険料が引かれてしまうのはどうしてですか?
保険料の徴収月(4、7,10、1月)の1日までに届出が間に合わなかった場合は、一旦保険料を徴収することになります。その場合、次の徴収月で返還します。


収納証明書はいつ頃送付されますか?
毎年1月頃に発送しています。収納証明書とは、国保保険料(1-12月で徴収した金額)を集計した表を意味します。確定申告等の証明書類となる重要な書類です。


従業員が退職したにも関わらず、喪失届を出すのを忘れていました。どうすればよいですか?
退職した日の翌日で喪失の手続きをしてください。当然、保険料も喪失月まで遡って返還しますが、2年以前は時効扱いとなりますので返還しません。同時に、その間の医療費等の給付があった場合は返還を求めます。